忍者ブログ

バナナリパブリック / クラシック

バナナリパブリックのクラシック。1995年発売のユニセックス香水です。

まっ白なファッションが似合いそうな、控えめで上品な香りです。香調はスパイシー・フレッシュ・フローラル。

  • トップ: ベルガモット、グレープフルーツ、マンダリン
  • ミドル: ラベンダー、ジンジャールート、シルバーセージ、グリーンリーフ
  • ベース: シダー、ブロンドウッド、セクシームスク

調香はグレのカボティーヌやクリニークのハッピーなどを手がけるジャン・クロード・デルヴィル。春から夏にかけてのデイタイムにマッチしそうです。



楽天最安値は↓

バナナリパブリック、クラシック

PR
コスメ

バナナリパブリック / ワイルドブルーム・ヴェール

バナナリパブリックのワイルドブルーム・ヴェール。2012年発売の女性用香水です。

2011年の「ワイルド・ブルーム」のニュー・アレンジ・エディションです。ヴェール=緑というサブネームのとおり、オリジナルの力強いアイデンティティというコンセプトにリラックス感をプラスしたこの作品は、グリーン・フローラルの香調がベース。

  • トップ: バイオレット・リーフ、洋ナシ、ピンク・グレープフルーツなど
  • ミドル: ピーチ・ブロッサム、ガーデニア、マグノリアなど
  • ラスト: ココナッツ・ウッド、チーク・ウッド、サンダルウッド、シルキー・ムスクなど

調香は、セリーヌ・ディオンの「シグネチャー」やグッチの「グッチ・バイ・グッチ」、ジル・サンダーの「ピュア」など傑作を数多くクリエイトしているイリアス・エルメニディス。プロデュースは大手のInter Parfumsです。基本的にはミドルのフローラルがメインとなっていて、トップもグリーンよりはフルーティーな部分が前面に出るので、フルーティー・フルーラルといってもいいかもしれません。カジュアルなシーンではとても使い勝手がいいと思います。



楽天最安値は↓

バナナリパブリック、ワイルドブルーム・ヴェール

コスメ

バナナリパブリック / マラカイト

バナナリパブリックのマラカイト。2007年発売の女性用香水です。

マラカイトはパワー・ストーンの一種で、いわゆるマラカイト・グリーンと言われる緑の色合いがとても美しいものです。そんなマラカイトのイメージに沿ったこの作品は、涼しげでありながら深みを感じさせるフローラル・フルーティー・ウッディーの香調がベース。

  • トップ: ウォーター・ヒヤシンス、ペッパー、グリーン・マンゴーなど
  • ミドル: インペリアル・ピオニー、ウォーター・ペア、ローズ・カーネーションなど
  • ラスト: サンダルウッド、ムスク、バニラなど

調香はフェルメニッヒ社、プロデュースは、他にバーバリーやセリーヌ、ポール・スミスなどの香水ラインも手がけているインター・パルファムです。抑えの効いた大人のテクスチャーと、モダンな爽快感のアプローチが見事に結実し、元々優れたラインの中でも屈指の完成度を誇る作品となっております。香水通の方におススメしたい香りで、気に入ればウェアを問わずにマッチさせることができると思います。



楽天最安値は↓

バナナリパブリック、マラカイト

コスメ

バナナリパブリック / ローズウッド

バナナリパブリックのローズウッド。2006年発売の女性用香水です。

新たなモードを発見するという意味合いの「ディスカバリー・コレクション」の中の一作であるこの香水は、アロマティック・シトラス・アンバリーの、リッチでコンテンポラリーな香調がベース。

  • トップ: ベルガモット、シャンパンなど
  • ミドル: ホワイト・ティー・リーフなど
  • ラスト: ホワイト・アンバーなど

プロデュースは、他にバーバリーやクリスチャン・ラクロワ、ポール・スミスなどの香水ラインも手がけているInter Parfums。とても落ち着きのある、アーバン・ソフィスティケーションの秀作だと思います。かっちりとしすぎることなく、モダンなコンテンポラリーを感じさせるところが粋です。基本的にはオールシーズンのデイタイムでもイブニング以降でもOKでしょう。特に秋冬のデイタイムに、シックなウェアに合わせるとベストマッチすると思います。



楽天最安値は↓

バナナリパブリック、ローズウッド

コスメ

バナナリパブリック / W

バナナリパブリックのW(ダブリュー)。2013年発売の女性用香水です。

1995年の同名作品のリニューアル・エディションで、オリジナルとは香りが異なります。同じくリニューアルされたメンズ用の「バナナ・リパブリック・エム」とのカップリング香水で、香りだけでなくデザインも相性バツグンです。香りは、オリジナルのソーピーなフローラルのテイストはそのまま継続して、より多様なフェミニンを引き出したシトラス・フローラルの香調がベース。

  • トップ: スパークリング・シトラス、ウェット・グリーンリーフ、ピンク・グレープフルーツなど
  • ミドル: ハニーサックル、ホワイト・マグノリア、ウォーターリリーなど
  • ラスト: アンバー、ムスク、ブロンドウッドなど

調香は、グレの「カボティーヌ」や「フルール・ド・カボティーヌ」、ヴェラ・ウォンの「ヴェラ・ウォン」などでも有名なジャン=クロード・デルヴィルです。オリジナルと比べると、グリーンよりもシトラスやフローラルに焦点が当たっている印象です。非常に使い勝手がいい香りで、デイタイムならば、オールシーズンでシーンを問わずに使えそうです。



楽天最安値は↓

バナナリパブリック、W(ダブリュー)

コスメ

フリーエリア



カテゴリー

フリーエリア



バーコード

ブログ内検索

P R