忍者ブログ

カルバンクライン / エタニティ・アクア

カルバンクラインのエタニティ・アクア。2012年発売の女性用香水です。

オリジナルは1988年の「エタニティ」で、今回はそのニュー・アレンジ・エディションです。2010年の「エタニティ・アクア・フォーメン」とのカップリング香水ですので、ぜひペアでどうぞ。香りはアクアの名前にふさわしい、ウォータリーなアクアティック・フローラルの香調がベース。

  • トップ: ピンクレディー・アップル、キュウリ、アプリコット、ホワイト・ピオニーなど
  • ミドル: ジャスミン、ティアレ・フラワー、ガーデニア、マグノリアなど
  • ラスト: サン・ドレンチェッド・ウッズ・アコード(太陽をいっぱいに浴びた木の香り)、シダー、トランスペアレント・ムスクなど

プロデュースは、ショパールや原宿ラヴァーズ、ヴェラ・ウォンなどの香水ラインも手がけているCotyです。アップルやキューカンバーのアクアなトーンが特徴ですが、全体的にはクリーンなフローラル・スウィートの香りなので、カジュアルなシーンのデイタイムであれば、使い勝手はバツグンだと思います。どちらかというと春夏のシーズンにマッチするかもしれません。


楽天最安値は↓

カルバンクライン、エタニティ・アクア

PR
コスメ

カルバンクライン / リヴィール

カルバンクラインのリヴィール。2014年発売の女性用香水です。

人気モデルのドウツェン・クロースを広告モデルに起用したことも話題になりました。香りは絶妙なエッジを効かせたフローラル・ウッディー・ムスキーの香調がベース。

  • トップ: ソルト・アコード、ブラックペッパー、ピンクペッパー、ホワイト・ペッパーなど
  • ミドル: アイリス、アンバーグリス、ソーラーアコードなど
  • ラスト: サンダルウッド、ムスク、カシュメランなど

調香は、バーバリーの「ロンドン」やダナ・キャランの「DKNY・デリシャス・ナイト」などを手がけたジャン=マルク・シャイランと、このラインの「エンドレス・ユーフォリア」や、ビヨンセの「パルス」などで知られるブルーノ・ヨヴァノビッチの合作。プロデュースはCotyです。アイリス&ウッディーをメインに、ソルトやスパイスがモダンなアクセントを効かせていて、ソフィスティケーションと強い個性をあわせもつ、ハイブリッドな作品だと思います。2005年の「ユーフォリア」以来の逸品といっていいかもしれません。





楽天最安値は↓

カルバンクライン、リヴィール

コスメ

カルバンクライン / シーケー ビー

カルバンクラインのシーケービー。1996年発売のユニセックス香水です。

1994年に発売されたシーケーワンに続き、二作続いてユニセックス仕様。シーケーワンがデイ・ユースならば、こちらはイブニング向きの趣きです。アロマティック・フレッシュ・ムスキーのユニークな調香がベース。

  • トップ: ベルガモット、マンダリン、ジュニパーベリー、ミント、ラベンダー、ホワイトムスクなど
  • ミドル: スパイス、マグノリア、ピーチ、ホワイトムスクなど
  • ラスト: サンダルウッド、オポポナックス、トンカビーンズ、ホワイトムスクなど

調香はキャロライナ・ヘレラの「212・フォーメン」や、最近では同じカルバン・クラインの「ユーフォリア」などを手掛けているアン・ゴットリーブ。基本的にオールシーズンで、カジュアル、オフィス・スタイルを問わずに使えそうです。どちらかというとレディス向きでしょうか。



楽天最安値は↓

カルバンクライン、シーケービー

コスメ

カルバンクライン / シーケーイントゥユー・ハー

カルバンクラインのシーケーイントゥユー・ハー。2007年発売の女性用香水です。

フレッシュ・フロリエンタルの香調をベースにしており、系統としては思い切りよくモダンな佇まいで、個性の強いハイ・エッジなアイテムに仕上げられています。

  • トップ: レッドカラント・リーブス、シシリアン・ベルガモット、ピンク・グレープフルーツ・フィズなど
  • ミドル: シュガー・オーキッド、サボテンなど
  • ラスト: レッド・シダー、ネオン・アンバー、バニラ・スフレなど

調香はCoty Prestigeのプロデュース。相当凝った香りで、好き嫌いが分かれるかもしれませんが、シックなでシンプルなウェアにもTシャツにも似合いそうです。コンセプトがカップリングなので、メンズと合わせてお二人でお使いいただくとなお良いかもしれません。



楽天最安値は↓

カルバンクライン、シーケーイントゥユー・ハー

コスメ

カルバンクライン / ビューティー

カルバンクラインのビューティー。2010年発売の女性用香水です。

「ビューティー」というネーミングは、ウェア・ラインのコレクション名をそのまま取ったものです。リリー(百合)の花の可憐なフェミニンをコンセプトに、美しさとは何か、という原点に立ち戻り、シンプルなマテリアルブレンドしたフローラルの香調がベース。

  • トップ: アンブレット・シードなど
  • ミドル: ジャスミンなど
  • ラスト: ヴァージニアシダーなど

調香は、ブルガリの「ジャスミン・ノワール」やエスカーダの「ジャルダン・デ・ソレイユ」、ヒューゴ・ボスの「ボス・ウーマン」などを手掛けている名調香師ソフィー・ラベ。プロデュースは、クロエ、ダビドフ、ベラ・ウォンなどの香水ラインでもおなじみのCoty Prestigeです。最小限の素材を活かしたシャープな香りで、ハイセンスと使い勝手を両立させた、極めて優れた作品です。ぜひビジネス・シーンでお使いいただきたいです。



楽天最安値は↓

カルバンクライン、ビューティー

コスメ

フリーエリア



カテゴリー

フリーエリア



バーコード

ブログ内検索

P R