忍者ブログ

ケンゾー / ジュダムールEDP

ケンゾーのジュダムールEDP。2014年発売の女性用香水です。

香りはヨーロピアンなエキゾチカを感じさせる、オシャレなフルーティー・フローラルの香調がベース。

  • トップ: ブラッド・マンダリン、ザクロ、ティー・リーフなど
  • ミドル: チュベローズ、フリージアなど
  • ラスト: サンダルウッド、ムスクなど

調香は、ディースクエアードの「シーウッド」コレクションや、イッセイ・ミヤケの「ア・セント・バイ・イッセイ・ミヤケ」などを手がけているダフネ・ビュジェと、シャンタル・トーマスの「アム・コキーヌ」やゲランの「ラブ・イズ・オール」、「マイ・アンソレンス」などで知られるクリストフ・レイノーの合作。プロデュースは親会社のモエ・ヘネシー・ルイー・ヴィトンです。スタイリッシュなフルーティー・フローラルで、ハイファッションなおもむきが香水通の心にうったえかけるようですが、意外と使い勝手はいいと思います。冬以外のデイタイムであれば、幅ひろく活用できるでしょう。





楽天最安値は↓

ケンゾー、ジュダムールEDP

PR
コスメ

ケンゾー / ジャングル(エレファント)

ケンゾーのジャングル・エレファント。1996年発売の女性用香水です。

「KENZO」ブランドのカジュアル・スポーツラインの名を冠したレディス・フレグランスです。名の通りトロピカルなマンゴージュースのアクセントが効いた、フルーティ・フローラル・スパイシーの香りです。

  • トップ: マンダリン、カルダモンなど
  • ミドル: キャラウェイ、クローブ、ヘリオトロープ、イランイラン、マンゴージュースなど
  • ラスト: リコリスウッド、バニラ、パチョリなど

やや玄人向きの香りでしょうか。秋、冬のデイタイムに似合いそうです。エレファントということで、ボトルキャップは象がモチーフ。ジョエル・ディスグリフィスのデザインです。





楽天最安値は↓

ケンゾー、ジャングル・エレファント

コスメ

ケンゾー / ワールド

ケンゾーのワールド。2016年発売の女性用香水です。

ケンゾーのクリエイティブ・ディレクターに新しく就任したウンベルト・リオンとキャロル・リムによるファースト香水です。香調はケンゾー香水らしいフローラルがベース。

  • トップ: レッドフルーツなど
  • ミドル: ピオニー、フローラルノート、エジプシャン・ジャスミンなど
  • ラスト: アンブロキサンなど

調香はバーバリーやエリ・サーブの香水やエリザベス・アーデンのグリーンティなどを手がけるフランシス・クルクジャン。オールシーズンお使いいただける使い勝手の良い香水ですが、特に春先にマッチしそうです。





楽天最安値は↓

ケンゾー、ワールド

コスメ

ケンゾー / ローパケンゾー・カラー

ケンゾーのローパケンゾー・カラー。2013年発売の女性用香水です。

ケンゾー・レディス香水の看板のひとつ「ロー・パ・ケンゾー」のニュー・ファミリーです。オリジナルのナチュラルなフローラル・アクアティックの感覚は残しながらも、名前の通りよりカラフルなテクスチャーを感じさせるフルーティー・フローラルの香調がベース。

  • トップ: マンダリン、ジンジャー、ホワイト・ピーチなど
  • ミドル: ローズ、リリー、ジャスミン・ペタルなど
  • ラスト: シダー、ムスクなど

調香は、ニナ・リッチの「レ・ベル・ドゥ・リッチ・チェリーファンタジー」や「ラブ・イン・パリス」、ロベール・ピゲの諸作品などで知られるオウレリアン・ギシャール。プロデュースはモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンです。あっさりとしたフルーティー・フローラルで、使い勝手はバツグンだと思います。オーソドックスな香りですが、ジンジャーのビター・スウィートが独特の個性をほんのりプラス。軽快にしてファッショナブルな、デイリー・ユース・アイテムのお手本のような作品です。



楽天最安値は↓

ケンゾー、ローパケンゾー・カラー

コスメ

ケンゾー / パルファム・エテ

ケンゾーのパルファム・エテ。2002年発売の女性用香水です。

オリジナルは1992年の同じ名前の「パルファム・エテ」で、今回はそのリニューアル・エディションです。オリジナルもそうですが、こちらもなかなかレアなアイテムです。香りはフローラル・グリーンの香調がベース。

  • トップ: リーフィー・グリーン、スズラン、ロータス・ブロッサムなど
  • ミドル: シクラメン、ヒヤシンス、スイートピー・ブロッサムなど
  • ラスト: サンダルウッド、ホワイト・ムスクなど

調香は、バーバリーの「バーバリー・ブリット・ゴールド」やエリザベス・アーデンの「アーデン・ビューティー」、エタ・リーブル・ドランジュの諸作品なども手がけているアントワーヌ・リー。プロデュースは、フェンディやロエヴェ、ディオールなどの香水ラインでもおなじみの「モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン」です。ケンゾー香水らしい、爽快で自然な感じのトーンが好印象。プライベートなシーンであれば、とても使い勝手がいいと思います。



楽天最安値は↓

ケンゾー、パルファム・エテ

コスメ

フリーエリア



カテゴリー

フリーエリア



バーコード

ブログ内検索

P R