忍者ブログ

イッセイミヤケ / アセントバイイッセイミヤケ・フローラル

イッセイミヤケのアセントバイイッセイミヤケ・フローラル。2010年発売の女性用香水です。

オリジナルは2009年に発売された「ア・セント・バイ・イッセイ・ミヤケ」で、今回はそのニュー・アレンジ・エディションです。フローラルのみずみずしさをいっぱいに詰め込んだ、フローラル・シプレーの香調がベース。

  • トップ: ジャスミン・ペタルズ、ヒヤシンスなど
  • ミドル: ガルバナム、イランイラン、ジャスミン、ロータス、ピオニー、ピーチ・スキンなど
  • ラスト: パチョリ、アンブロックス、モスなど

調香は、ブルガリの「ブルガリ・ブラック」やロリータ・レンピカの「ロリータ・レンピカ」、クリスチャン・ディオールの「ヒプノティック・プワゾン」などを手掛けているアニック・メナルド。プロデュースは、ゴルチエやナルシソ・ロドリゲスの香水ラインでもおなじみのBeauté Prestige Internationalです。ラストのアンブロックスは、基本的にはアンブロキサンと同じで、アンバーグリスのような濃密な甘さが特徴的な合成香料です。全体としては、淡い花の蜜といった、ファンタスティックな使い心地だと思います。


楽天最安値は↓

イッセイミヤケ、アセントバイイッセイミヤケ・フローラル

PR
コスメ

イッセイミヤケ / ロードゥイッセイ・サマー2018

イッセイミヤケのロードゥイッセイ・サマー2018。2018年発売の女性用香水です。

毎年発売されてヒットしているロードゥイッセイのサマーバージョンです。香調はトロピカル感あふれるフルーティ・フローラルがベース。

  • トップ: ライチ、ピンクグレープフルーツなど
  • ミドル: グアバ、パッションフルーツなど
  • ラスト: ウッディ・ノート、シダーなど

調香は、ブルガリのオムニアシリーズ、キャロライナ・ヘレラの212シリーズ、ケンゾーのフラワーシリーズなど数々の香水を手がける巨匠のアルベルト・モリヤス。好感度も高く、冬以外のデイタイムにマッチしそうです。



楽天最安値は↓

イッセイミヤケ、ロードゥイッセイ・サマー2018

コスメ

イッセイミヤケ / プリーツプリーズ・エリクシール

イッセイミヤケのプリーツプリーズ・エリクシール。2012年発売の女性用香水です。

同じ年に発売された「プリーツ・プリーズ」がオリジナルで、今回の作品はそのオリジナルのオー・デ・パルファン(EDP)エディションです。香りはフローラル・ノートの香調がベース。

  • トップ: ガーデニア、ヘリオトロープなど
  • ミドル: ピオニー、スイートピーなど
  • ラスト: バニラ、パチョリ、シダーなど

調香は、この「プリーツ・プリーズ」シリーズや、ニナ・リッチの「ラブ・イン・パリス」や「リッチ・リッチ」、ヴァレンチノの「ヴァレンチナ・プードル」などを手がけているオーレリアン・ギシャール。プロデュースは、アライアやナルシソ・ロドリゲスなどの香水ラインでもおなじみの、資生堂傘下のBeauté Prestigeです。全体的に濃いめのフローラル・スウィートで、ガーデニアのホワイト・フローラルと、その他のフローラルとのたおやかなマッチングが、大人っぽいツヤとエレガンス、そして幸福感を与えてくれそうです。どちらかというと秋冬向きの香りといえるでしょう。





楽天最安値は↓

イッセイミヤケ、プリーツプリーズ・エリクシール

コスメ

イッセイミヤケ / アセントバイイッセイミヤケ・ネロリサンシャイン

イッセイミヤケのアセントバイイッセイミヤケ・ネロリサンシャイン。2011年発売の女性用香水です。

オリジナルは2009年に発売されたアセントバイイッセイミヤケで、こちらはその限定版ニューファミリーです。春の陽光に咲くネロリフラワーをモチーフとした香水で、香調はフレッシュ・フローラルがベース。

  • トップ: ネロリフラワー、ティアレフラワーなど
  • ミドル: ジャスミン、ガーデニア、ヒヤシンスなど
  • ラスト: ムスクなど

調香はディースクエアード、ゴルチェ、ケンゾーなどの香水を多く手がけるダフネ・ビュジェ。好感度も高く、春から夏にかけてのデイタイムにマッチしそうです。





楽天最安値は↓

イッセイミヤケ、アセントバイイッセイミヤケ・ネロリサンシャイン

コスメ

イッセミヤケ / ロードゥイッセイ・シティブロッサム

イッセイミヤケのロードゥイッセイ・シティブロッサム。2015年発売の女性用香水です。

オリジナルは、イッセイ香水の代表作として知られている「ロー・ドゥ・イッセイ」で、今回はその数多くラインナップされているアレンジ・エディションの中の一作です。街角に咲く花やお花屋さんの花など、文字どおり「シティ・ブロッサム」に焦点を当てたこの作品は、ふんわりとしたフローラル・ウッディー・ムスキーの香調がベース。

  • トップ: シトラス、ピンク・ペッパーコーン、カローンなど
  • ミドル: キンモクセイ、フリージア、マグノリアなど
  • ラスト: ヴァージニア産ホワイトシダー、ホワイト・ムスク、アンブロックスなど

調香は、同じイッセイ・ミヤケの「ロー・ドゥ・イッセイ・ロータス」やケンゾーの「フラワー・バイ・ケンゾー」、マーク・ジェイコブスの「デイジー」などを手がけている、現代を代表するパフューマーのひとり、アルベルト・モリアス。プロデュースはゴルチエの香水ラインでも知られている、資生堂系列のBeauté Prestigeです。カローンのオゾニックなトーンがすずしげで印象的。とても使い勝手がいい香りだと思います。



楽天最安値は↓

イッセイミヤケ、ロードゥイッセイ・シティブロッサム

コスメ

フリーエリア



カテゴリー

フリーエリア



バーコード

ブログ内検索

P R