忍者ブログ

アユーラ / スピリットオブアユーラ / パルファンドトワレ

アユーラのスピリットオブアユーラ・パルファンドトワレ

透明感漂う墨の香り・安らぎの茶の香り・芳ばしい匂い撫子香りと西洋のアロマティックハーブの数々を調香してできた、奥ゆかしいフローラルグリーンの香りが快の世界へと誘います。

  • トップ: カモミール、ローズマリー、クラリセージ、トマトリーフ、緑茶、吉草根オイルなど
  • ミドル: グリーンアップル、カシス、匂い撫子、沈丁花、ローズ、スズラン、ジャスミンなど
  • ラスト: 檜、サンダルウッド、グレイムスクなど

トップからラストにかけて墨が香ります。



楽天最安値は↓

アユーラ、スピリットオブアユーラ・パルファンドトワレ

PR

デシグアル / フレッシュ・ブルーム

デシグアルのフレッシュ・ブルーム。2017年発売の女性用香水です。

オリジナルは2015年に発売されたフレッシュで、こちらはそのアレンジバージョンです。香調は、スウィート・フルーティがベース。

  • トップ: ラズベリー、マンゴスチン
  • ミドル: サンバック・ジャスミンアブソリュート、ローズドメアブソリュート
  • ラスト: サンダルウッド、シダー

調香は、アトキンソンやコントワール・シュド・パシフィックなどの香水を手がけるヴィオレーヌ・コラスと、ジミー・チュウの香水やランコムのトレゾア・インラブなどを手がけるヴェロニク・ニーベルグの合作です。冬以外のデイタイムにマッチしそうです。



楽天最安値は↓

デシグアル、フレッシュ・ブルーム

エマニュエル・ウンガロ / ウンガロ

エマニュエル・ウンガロのウンガロ。2007年発売の女性用香水です。

1977年に、同じ名前の「ウンガロ」という香水が発売されていますが、再販というわけでもなく、まったくの新作フレグランスです。ただし新作とはいえ、同じ名前を付けるくらいなので、77年版の「ウンガロ」を多少意識した印象で、77年版が濃厚なオリエンタル・ウッディーの香調なのに対して、こちらはややポップでフリーダムなテクスチャーのライト・オリエンタルの香調がベース。

  • トップ: レッドベリーズなど
  • ミドル: ジャスミン、ホワイト・フラワー、サフランなど
  • ラスト: アンバー、ウッディー・ノートなど

プロデュースは、ウンガロ香水と同じく自社香水ラインが秀作ぞろいのフェラガモ・グループ。調香は、エリザベス・アーデンの「グリーン・ティー」やゴルチエの「ル・マル」など、香水史上の傑作を数多く手がけているフランシス・クルクジャン。「ウンガロ・マン」とのペア香水で、香りの相性バツグンです。





楽天最安値は↓

エマニュエル・ウンガロ、ウンガロ

マーク・ジェイコブス / スプラッシュ・キューカンバー

マーク・ジェイコブスのスプラッシュ・キューカンバー。2016年発売のユニセックス香水です。

数多くラインナップされている「スプラッシュ」シリーズの中の一作です。「キューカンバー」はキュウリのことで、香水ではトップ・ノートによく用いられるマテリアルです。そんなキューカンバーをフィーチャーしたこの作品は、アクアティックな情感に満ちた、フローラル・グリーンの香調がベース。

  • トップ: キュウリ、ロータス・リーフ、竹、カクタス・フラワーなど
  • ミドル: スズラン、リンデン・ブロッサム、フリージア、ブルー・タイガー・リリーなど
  • ラスト: フロステッド・ムスク、ブロンド・ウッドなど

調香は、アナスイの「ラッキー・ウィッシュ」や、ミラー・ハリスの「ベチバー・インソレンス」、ケネス・コールの「ブルー」などを手がけている、新進気鋭のパフューマー、マシュー・ナルダンです。トップのオゾニックなグリーン香がとてもこころよい作品です。





楽天最安値は↓

マーク・ジェイコブス、スプラッシュ・キューカンバー

アラン・ドロン / サムライウーマン・サクラピンク

アラン・ドロンのサムライウーマン・サクラピンク。2019年発売の女性用香水です。

満開のピンクに染まる、明るく甘い香り。香調は、フルーティ・フローラルがベース。

  • トップ: チェリーブロッサム、スウィートオレンジ、ピンクグレープフルーツ
  • ミドル: カシス、ターキッシュローズ、ジャスミン、ジンジャー
  • ラスト: アプリコット、サクラリーフ、サンダルウッド、プラリネ





楽天最安値は↓

アラン・ドロン、サムライウーマン・サクラピンク

フリーエリア



カテゴリー

フリーエリア



バーコード

ブログ内検索

P R